声の重要性

歌う時以外にも、声について深く考えたことはあるでしょうか。
声は単に音、言葉を外へ出すというだけではなく、“声を出す”・“声に出す”ことには素敵な効果があるのです。

一番浮かびやすいのは、スポーツにおける声を出す効果ではないでしょうか。
スポーツで例えばテニスでボールをうつ時や、ハンマーを投げる時など、声を出す場面を目にした事があると思います。
この効果は科学的にも証明されていて、声を出すことで5%~7%の筋力アップが望めるというのです。声を出すことによって力を発揮しやすくなるということです。
また声を出すことによって気持ちを高めたり、反対に緊張から解放させて、より力を発揮しやすくすることもできるのです。
これは決してスポーツをする人に限ったことではなく、日常生活の中でも、重いものを持つときに力を込めたり、人前に立つ前に緊張を払ったりする時にも使えますよ。

そして次に浮かぶのは、ストレスを感じているときに声を出すことですっきりとする場面ではないでしょうか。ストレスを感じ精神的にも体力的にも停滞している状態から、大声を出せば、嫌なものを体の外へ出すことができます。血流もよくなり、その後のやる気がみなぎったりもするのです。

他には学習面の効果です。声に出して読むと目だけでなく口と耳も使うので、五感を刺激し、記憶力を高めることができます。

また、メンタル面にも強く影響を与えます。
自分の気持ちをさらけ出すのにはなかなか勇気がいるものですが、まず一人の状態で気持ちを声に出してみましょう。繰り返していると、相手がいる場面でも自分の気持ちを表に出すことができるようになっていきます。またこの練習の時にも、ネガティブな発言には注意しましょう。後ろ向きな発言は、さらに気持ちを後ろ向きにしてしまいます。反対にポジティブな発言を心がければ、気持ちも自然と前向きになっていき、困難にも立ち向かっていけるようになるはずです。

なんてことない様に思うかもしれませんが、声には素敵な力があります。声を出してあなたも素敵になりましょう。